大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産の売買はワンルームとファミリータイプどっちがいい?特徴を押さえて選ぼう

大阪は関西を代表する大都市なので、様々な賃貸向けのアパートやマンションが色々あります。大阪で投資用に不動産売買を行う場合には、どのような物件を選べばいいのでしょうか。

単身者向けのワンルームのアパートやマンション、またファミリータイプなど、それぞれ特徴が異なるので、それを押さえた上で慎重に選ぶ必要があります。

ワンルームのメリット・デメリット

投資用の不動産売買では、単身者向けのワンルームは人気があります。ファミリータイプに比べて広さは半分程度で済むので、利回りの面から考えると断然お得になります。広さが2倍になったからといって、家賃も2倍になるわけではないからです。

同じ広さを持つ建物であれば、1つの部屋を小さくした方が利回りは高くなります。不動産を購入する場合の費用も、安く抑えられます。

それから単身者向けのワンルームの特徴としては、入居者が退去した後のクリーニングや壁紙の張替えコストがファミリータイプに比べて割安ということがあります。部屋が複数あって広さもあれば、当然クリーニングやリフォームコストも増えます。

また、単身者向けの需要が多いというメリットもあります。進学や就職を機に一人暮らしを始める若者も多く、一定の需要が見込まれます。結婚や出産を機にマイホームを購入する人も多いので、ファミリータイプの需要は元々多くはありません。

ただし、人気がある分競争が激しいというデメリットもあります。単身者向けのワンルームは数が多いので、最寄り駅から近いとか築年数が浅いなど条件の良い物件に人気が集中してしまいます。供給が多いエリアでは入居者の奪い合いが起こるので、どうしても家賃を下げざるを得ないこともあります。空き室になるリスクも高くなるので、駅から遠い物件などはリスクがあります。

ファミリータイプのメリット・デメリット

投資用の不動産売買でファミリータイプを購入するメリットには、単身者に比べて比較的長い期間住む人が多いということが挙げられます。子供が学校に通っていたりすると、学区を変更したくないと考える方が多いからです。

単身者向けのワンルームマンションやアパートの場合には、入居者がすぐに入れ替わることも珍しくありません。その度にクリーニングなどの費用が発生してしまいます。入居者を募集する広告費なども発生しますし、新しい入居者が見つかるまで空室になることもあります。その点、長く住むことの多いファミリータイプだと、そういったコストが抑えられます。

また、ファミリータイプだと最寄り駅から少し離れていても需要があります。単身者向けの場合には通勤や通学の利便性を重視する人が多いので、最寄り駅から離れる程需要は減ってしまいます。家族がいると駅から近い繁華街よりも、少し離れた住宅街の方が落ち着いた雰囲気があるからとそちらを選ぶ人も多いようです。ファミリータイプの物件は元々あまり多くないので、競争がそれほど激しくないというメリットもあります。

デメリットとしては、初期投資やメンテナンスのコストが割高ということが挙げられます。修繕積立金が値上がりすることも多く、利回りという面ではワンルームに劣ります。それから入居者層が限られているので、立地や環境が良くないと空き室のリスクは格段に上がってしまいます。

立地や環境、メンテナンス状況をしっかりチェック

大阪で投資用の不動産売買を行う場合におすすめなのは、駅から近くて利便性の良いワンルームの物件です。徒歩5分以内の物件であれば、入居者が見つからないといった心配はあまりありません。残業が多いビジネスマンなどは利便性を重視する人が多いので、駅から近いというのはとても大きなメリットです。

勿論、駅から近い物件は郊外よりも価格が高いですが、築年数が経っていても十分な需要があります。築年数が経過している物件だと割安に購入できるので、初期投資にかかる費用を抑えられます。その場合には、メンテナンス状況などをチェックするようにしましょう。メンテナンスがずさんだと思わぬ費用が発生することもあります。

ファミリータイプの物件を購入する場合には、立地や環境をよく吟味する必要があります。小学校や中学校の学区もありますし、医療機関やスーパーマーケットが近くにあるのかなども重要です。評判の良い学校の近くであれば、子育て世代に選ばれる可能性が高いです。

それから駅から近い物件の方が人気はありますが、徒歩15分ぐらいまでであれば需要は見込めます。ただし、それ以上駅から離れてしまうとバスを使わなければいけないので、需要は大きく減ってしまうでしょう。

立地や環境の条件が良い物件であれば、長く住んでもらうことが期待できます。それにより空室リスクも減るので、周辺を細かくリサーチして購入することが大切です。

 

大阪で投資用の不動産売買を行う場合には、立地や環境、建物のメンテナンス状況などを詳しくリサーチする必要があります。ワンルームの場合には駅から近い物件が人気で、ファミリータイプの場合には治安や教育環境などが重要視されます。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧