大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

住宅ローンを組んでると不動産投資用ローンは組めないってホント!?

不動産売買を検討するにおいて気になるのが資金ですが、資金計画をきちんと立てることが大切で、ローンで購入する場合は不動産投資ローンや住宅ローンを組むことになります。不動産売買を迷っている人の中には、住宅ローン審査において不利になったりマイホームを持つことができないのではと不安を感じている人も多いでしょう。

フラット35を利用することができます

住宅ローンと不動産投資ローンは両立することができます。不動産投資を行いたいがマイホームも欲しいという人は多く、気になるのが二つのローンを利用することができるのかでしょう。

両立することは可能であり、不動作売買とマイホームを購入する順番を考えた場合、不動産投資ローンを利用して物件を購入した後、住宅ローンを利用してマイホームの購入をするのがおすすめです。

このような場合フラット35が便利で、これは住宅金融支援機構と民間金融機関などが提携し提供している、最長35年全期間固定金利による住宅ローンになります。自分が利用する住宅の購入を目的にした融資で、審査は緩く金利は低いと言われています。返済が終了するまで借入金利や返済額が確定するので資金計画が立てやすいのが特徴的です。保証料や繰り上げ返済などの手数料が不要で、多くの人が利用しています。

不動産投資の魅力としては、投資用物件によって得られる所得を、収入として加算することが可能な事です。投資物件から家賃収入を得ることができ、収入が増えるので住宅ローンを組みやすくなるでしょう。

不動産投資ローンと住宅ローンは両立することができますが、フラット35といった住宅ローンを使って、投資用物件を購入するのは禁止されています。本人が居住する以外においての利用が判明すると、借入金の全額について一括返済を求められるケースがあるので注意しましょう。

大阪で不動産売買を行う場合、いろいろな業者があるのでローンについて気軽に相談することができるので便利です。

対象物件が投資か居住であるかで異なります

マイホームを購入し住宅ローンを組んでいても、不動産投資ローンを組むことが可能です。住宅ローンの場合は本人の返済能力が問われ、不動産投資ローンの場合は物件の返済能力が問われるようになります。二つのローンを利用する場合、不動産投資ローンで受ける融資額より住宅ローンの残額が減額される仕組みです。

二つのローンは不動産購入のため金融機関から融資を利用するという点において同じように見えますが、対象物件が投資か居住であるかで異なります。二つのローンは借入目的以外にもさまざまな違いがあり、例えば不動産投資の場合、主な返済原資は家賃収入です。

借主の収入や貯蓄から返済を想定している住宅ローンと比較すると融資額の上限は大きいです。住宅の適切な借入額は年収の5~6倍とされていますが、不動産投資の上限は借主の年収や資産にプラスして、不動産投資での家賃収入もプラスされるので年収の10倍~20倍になるでしょう。

住宅の金利について0.5%~2.0%といった低金利ですが、不動産投資ローンになると1.5%~4.5%と高くなります。住宅の金利が低いのは居住用住宅には事業性がなく、融資する金融機関にとってリスクがあまりないからです。不動産投資の場合は貸付額が多く、計画通りに収入が入るとは限らないので金利が高めになります。

大阪にいる不動産投資家はローンを組むことが多いですが、借り入れする際シミュレーションすることが大切です。

年齢に応じた計画を立てることも必要です

住宅ローンの場合、長期的に払い続けるので借入時の最低年齢が20歳以上になっています。完済する時期の上限は75歳~80歳で、申し込みは団体信用生命保険の加入が必要です。多くの金融機関において20歳~70歳を申し込み年齢としていて、80歳まで完済することが条件になっています。

不動産投資ローンの場合は年齢制限はほとんどなく、最終完済年齢は最長80歳に決められています。年齢に応じた計画を立てることも必要で、大阪で不動産売買を行って投資を考えているなら、先を見据えたスケジュールが重要です。

住宅は住む家を買う融資になるので、年収や勤務先、勤続年数や資産状況などの属性を調べたり、返済能力があるかが審査されています。一定収入がありきちんと返済プランを立てられるなら、基本的に審査にパスすることが可能です。

不動産投資ローンの場合、年収や職業以外に事業として計画性や収益性なども審査対象になります。金融機関は物件をどう評価するか審査に大きく影響するでしょう。物件の価値を評価するにはいくつか方法があり、土地や建物を別々にし現状の価値を査定したり合算して判断する積算評価があります。家賃といった収入から支出を引いて返済できるか判断する収益評価もあります。

積算評価は資産価値を判断しますが、収益評価は収益性を判定する方法です。スムーズに審査にパスし融資を受けるため、評価を上げることが重要になるでしょう。

大阪にはいろいろな業者があり、不動産売買を行う際にいろいろなアドバイスを受けることができるので便利です。

 

不動産投資ローンと住宅ローンは両立することができます。ローンを支払いながら途中でも不動産投資を開始することができ、ローンを組むことにおいて投資物件が高く評価されるかが重要なポイントになるでしょう。

適切な資金計画を立てたり、収益性が見込めるような物件を見極めることが成功のカギになります。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧