大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産売買をしている人ってどんな人?年齢や年収を調べてみた

投資用不動産を所有したり、不動産売買をしている人とはどういう人なのか気になりませんか。本当に様々な人が参加していますが、一般的にだいたいこういう人だという傾向はざっくりとみられるようです。大阪府内に在住する人だけではなく、大阪府内の資産を対象に投資を行っている人だけとも限らず、全国的にこういった傾向があります。

男性と女性なら男性の方が多く若年者より高齢者が多い

まず、ざっくりとした傾向としては、女性よりは男性の方が多く、また年齢も若い人よりはある程度年齢の高い人が多いようです。

具体的にいえば、年齢の高い人、つまり40代以上の男性が不動産売買の世界では主流となっています。これはそもそもある程度収入があり、会社勤務の経歴もあるため職業としてローンが通りやすい、などのメリットがあるからとされています。また、ある程度貯蓄もあるため不動産の購入資金もあり、経済力もあって、子どものために資産を残したいとか、老後のための資産形成を行いたい、という傾向があるようです。

このため、逆に言えば若い世代の女性は少なく、とりわけ35歳以下の世代はほぼ見られません。こういった不動産売買の場所ではいろいろな人がいますが、やはり若い女性や若い男性はあまりいないと考えた方がいいでしょう。

ただその一方で、最近では若い世代に向けた不動産投資や不動産売買についてのセミナーなども行われています。このため、若い世代でも積極的に投資をしたいという人であれば、大阪府内のセミナーなどに参加して方法やテクニックなどを学ぶ機会は少なくないでしょう。

自分が住むための不動産であれば女性も興味を持つパターンがありますが、さすがに投資としての不動産売買までは、という人の方がかなり多く、実際にはあまり投資としての不動産に興味を持つ人は多くない傾向があります。

年収は700万円から1,000万円くらいが最多

次に、年収についてです。年収だけで言えば700万円から1,000万円までの、だいたい年収が3桁台後半の人がボリュームゾーンとなっています。 このくらいの人になると、最低限日常生活を送ることは出来ますし、家族を養う事も出来るでしょう。ある程度出費があっても家計から出す事が出来ますし、当然ですがある程度の社会的な立場も得ているはずです。

ただ、多くなり始める年収というのはだいたい年収500万円から700万円ほどで、このくらいの人になると多くの場合はある程度の収入を得られますし、ある程度生活に困らずに過ごせるので、少しずつ資産形成のために不動産売買を行おう、と思う傾向があります。

ただ、まだ子供の将来の学費などを考えてもあまりしっかり補う事が出来ないため、それなりに費用がかかることはできにくい傾向もあるようです。

また、年収1,000万円から年収1,500万円ほどの人も、年収500万円から年収700万円程度の人と同等か、あるいはそれより少し少なめですが、存在しているようです。このくらいの人は十分な年収を誇りますが、その一方で良い投資先がないからということで不動産売買によって投資の収益を狙うパターンがあります。当然ですが、これより上の人もいれば下の人もいます。

職業は会社員が最多だが自営業も

最後に職業についてです。職業については、やはりもっとも多いのは会社員のようです。 これは会社勤めである事によってその人の信用度合いが高く、また働いて確実に収入が入ってくることも見込めますから、ローンや投資用不動産の購入のリスクが比較的少ない職業だからといえます。そもそも40代男性はかなりの割合で会社勤めであることもあり、基本的にこのような職業の人が多いでしょう。

また、自営業者もよく見ます。自営業といっても不動産売買を専業で行っている投資家だという人もいれば、他の事業をやりながら自分の事業も運営している、という人もいるようです。とはいえ、どちらも必ず多い訳ではありませんし、しっかりした高い収益を出している人ならばあるタイミングで専業投資家になったり、不動産専業になる人もいます。

なお、そのほかにも会社役員や団体役員など、高い社会的地位や資産を持っていそうな職業の人もいます。いわゆる取締役や重役と呼ばれる人です。また、公務員や医師・弁護士・税理士なども少ないですが存在しているのです。

いずれにせよ、たくさんの収入があり、また安定して収入を得続けている人の方が、ローンを組む場合も安定して投資をするのにも向いているでしょう。基本的には収入が高く社会的地位もあるような人が安定して投資を行う機会が多いというのが、この不動産投資や不動産売買ならではの側面といえるかもしれません。

 

ここでは、大まかな傾向としては40代男性会社員で年収700万円程度の人が主な不動産売買を行う世代であると紹介しました。ただし、大阪府内でも特定の属性の人に向けた投資セミナーなどもあり、比較的投資の需要は伸びているようです。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧