大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産の売買はキャッシュフローが重要!基本の計算方法とは?

大阪で投資のために不動産売買を考えている人が、不動産を売却するにあたって重要になるのがキャッシュフローによる計算です。キャッシュフローは実際のお金の流れを中心にして考える計算方法なので、通常の会計の知識とは異なった考え方が必要になります。ここでは不動産売買にも役立つキャッシュフローの計算方法について詳しく紹介します。

現金の流れを正確に把握できる計算方法

大阪で投資を目的としてこれから不動産売買をしようと考えている人は、キャッシュフローの計算方法を正しく理解することで、より正確に、不動産売却により獲得した利益の計算ができます。

キャッシュフローとはお金の流れを意味していて、手元にどれだけの現金があるのかということを計算するために使用される方法です。そのために現金以外の方法で土地を売却した場合には、キャッシュフローの増加とはならない場合もあるので注意が必要です。

1,000万円で不動産を売却した場合、現金で1,000万円を一括して受け取ったケースでは、そのまま1,000万円の増加になりますが、不動産の対価を分割して受け取るような場合には、実際に現金として受け取ったときにはじめて増加したことになります。

例えば1,000万円のうち売却契約時に500万円だけ受領して、残りの500万円は翌年ごとに100万円ずつ支払われるような内容の売買契約の場合には、不動産を売却した人が1,000万円の対価全額を受け取ることができるのは土地を売却してから数年後ということになります。

この場合には、土地の対価のうち実際に現金として受領した部分だけがキャッシュフローの増加になるので注意が必要です。未収金という形で仕訳をして損益計算書の売上に計上している場合でも、実際に現金という形で受け取っていない場合には、その都度調整をする必要があります。

現金に含まれているものの範囲について

大阪で不動産売買に関する利益の計算をする場合、キャッシュフローの計算では、実際に現金として受け取ったかどうかが重要になります。この場合の現金には、紙幣や硬貨以外に、要求払預金も含まれます。

要求払預金とは普通預金や当座預金のことで、預金した人の要求によりいつでもお金を下ろすことができるタイプの預金のことをいいます。 そのために不動産を売却した場合で、その対価を相手が紙幣や硬貨で支払うのではなく、普通預金口座や当座預金口座に振り込んだ場合でも、キャッシュフローが増加したことになります。

なお、キャッシュフローの計算では現金の増加以外でも、現金と同様のものとみなされる場合があり、それが現金同等物です。これは現金に簡単に交換できるような資金のことで、現金と同じようなものとみなされているので、一緒に計算することができます。

このような資金の代表的なものにあげられるのが定期預金です。ただし、定期預金の場合には、満期の期間が非常に短いものに限り現金同等物として扱うことができるので注意が必要です。満期の期間が長いものは現金には含まれないために除外して計算する必要があります。譲渡性預金なども現金同等物として扱うことができる代表的な資金です。現金のように売買することができるために、現金同等物という形で計算上扱うことができます。

キャッシュフロー計算書の計算方法

大阪で投資を目的として不動産売買を行う場合には、キャッシュフロー計算書を作成することで、お金の流れを正しく把握することができます。書類を作成する場合に、資金の流れを計算をする上でとても重要になるのが、それぞれの事業内容ごとに計算することです。

投資を目的にして不動産を売却した場合には、売却によって獲得した現金は、書類の投資に関するキャッシュフローの項目に計上する必要があります。事業として不動産を売買している人の場合には、営業活動の項目に現金の増減を記載するのが正しい方法です。

法人が不動産を売却する場合で、営業活動として行うのではなく、所有している不動産を投資を目的として売却するような場合には、その売却で得られた現金は、投資活動によって得られた資金ということになります。

このように不動産を売却した目的ごとに資金の流れを分けて計上することで、現金の流れをより正しく把握することができます。計算書の作成方法には二種類あり、営業活動によって不動産を売却した場合に、それぞれの取引ごとに表示していくのが直接法です。直接法で表された書類は、見た目にもわかりやすいのが特徴で、取引の内容ごとに現金の流れがわかるようになっています。

もう一つの書類の作成方法が間接法で、これは損益計算書によって計算された各期の利益を修正して計算する方法です。

 

大阪で投資のために不動産売買を考えている人は、キャッシュフローの考え方を正しく理解することで、現金の流れをより正確に把握することができます。キャッシュフローの計算では実際の現金の増減を基準にして、計算が行われます。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧