大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産の売買は法人化した方がいい!?個人との違いとは?

大阪での不動産売買など、不動産投資を行う際、個人と法人のどちらが良いか迷うことがあるでしょう。ポイントは所得税と法人税のどちらが安いかになり、例えば1,000万円ぐらいの所得があるなら、法人化する方がお得と言われています。個人でスタートしある程度の収益を得たなら、法人を設立することをおすすめします。

税率には違いがあり課税所得額が判断材料です

不動産売買において個人と法人の税率には違いがあり、課税所得額が判断材料になります。不動産投資では個人と法人が払う税金に違いがあり、課税対象所得が増えると税率も高くなる仕組みです。

個人の場合、課税所得額が195万円以下なら税率が5%で、控除額はなしです。法人の場合、課税所得額が400万円以下なら税率が約21.4%です。法人の場合、計算した税金とは別に均等割の住民税を払わなければいけません。会社の資本金が多くなれば多くなるほど更にかかる仕組みです。

法人にする場合、30万円程度のお金が必要で、いろいろな手続きが必要になります。 法人化のタイミングは、目標によって変わってくるでしょう。

例えば課税所得額が900万円の場合、個人で申告すると900万円X33%(所得税+住民税)-636,000円(控除額)で2,334,000円になります。法人で申告した場合、900万円X33.6%(税率)で3,024,000円です。

課税所得額が1,500万円の場合、個人で申告すると1,500万円X43%-1,536,000円で4,914,000円になります。法人で申告すると1,500万円X33.6%で5,040,000円です。

課税所得額にかかる税率から払う税金を計算すると、法人税はある程度まで多いでしょう。しかし経費として対象になる金額が法人の方がかなり多いです。不動産を売却し得られた金額に関して、法人だと別計算にはならずに所得として盛り込むことができます。短期的に不動産売買をするなら、法人税が低くなるでしょう。

大阪で不動産売買をするならいろいろな業者があるので、気軽に税金に関して相談することが可能です。

税金面以外でもいろいろなメリットがあります

例えば会社が不動産売買を行う場合、兼業になるので会社員の所得を考慮しなければいけません。年収1,000万円だと給与所得における税率を見ると33%程度になることが多いでしょう。どれくらいの控除になるかよって変わりますが、経費として盛り込めるものは多くありません。

税率を下げるのは難しく、所得によって税率が高くなる境界線があるので注意が必要です。 不動産を購入する場合は損益通算ができるので、購入の費用について減価償却費をいくらか盛り込むことができます。不動産を取得するため払った費用に関して、経費の幅は広がるでしょう。

大阪の不動産業者に依頼すると、納める税金を低くするためにいろいろなアドバイスを受けることが可能です。専門家にさまざまなアドバイスをもらうことをおすすめします。

税金面以外でも法人にはいろいろなメリットがあります。法人化すると、節税に繋げることができますが、それ以外に法人の方が恩恵を受けられるケースがあるので便利です。どれも税金に直結するコンテンツになり、例えば損失を計上する場合、繰り越しすることができる期間が異なります。

個人の場合3年になりますが、法人の場合は9年になるので3倍近く長いことになります。 減価償却費の扱いが違ってきて、個人の場合は規定された計算式により一定期間計上になります。法人だと任意償却になるので、決められた計算で求められる減価償却費の範囲において、経費にする金額を決めることが可能です。

減価償却費を下げておきたい場合に調整することができ、利益を減価償却費でアレンジすることができます。

課税所得額が900万円になってからがおすすめです

もし将来的に法人にする場合、不動産売買を行う前から法人にした方が良いと思うかもしれません。しかしこれにはリスクが伴うでしょう。基本的に黒字を3期連続で続けることによって、法人の信頼性を高くすることができ融資が下りやすくなる傾向があります。

しかし創業期の場合、法人の信頼性はなく基本的にその人の属性などが見られることが多いです。 会社員なら1,000万円の年収があったり、大手企業や職業などがベースになります。金融機関の視点からすると、設立期0期目における法人も融資のリスクが低いと思ってもらわなければいけません。融資がおりるケースは限られるので、不動産投資の経験や知識などを身につけたり、実績を重ねてその後法人を設立することをおすすめします。

不動産売買における所得税と法人税には違いがあり、税率や単純な額面だけの計算では個人の方が良いと思われるケースもあるでしょう。法人の場合経費として計上することができる幅が広いので、節税に利用することが可能です。減価償却の取り扱いや損失が計上された場合における繰り越し期間に関して、税金以上にいろいろなメリットがあります。

不動産からの収入がそれほど高くない場合、法人にするよりも個人の方が良いことがあり、課税所得額が900万円になってから法人化することをおすすめします。税率だけで見るのではなく将来的な計画を踏まえてタイミングを計ると良いでしょう。

税金に関することなど、大阪にはいろいろな専門家がいるので相談しながら処理していくと効率的です。

 

不動産投資を行う場合、個人と法人には税金において違いがあります。税率には違いがあり、課税所得額が判断材料です。

法人化すると税金面以外にいろいろなメリットがあり、課税所得額が900万円になってからがおすすめです。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧