大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

資金準備(調達)までの流れや方法を確認しよう!

投資用不動産売買を始める方の中には、必要資金とその調達方法に関して不安に思われる方も少なくありません。

ここでは、購入時に必要と言われている「頭金」がどのようなものか、そして資金を準備するために利用する可能性の高い2種類のローンについて紹介します。

頭金はどれくらい必要なのか?

基本的に不動産を購入するにはローンを組む必要があり、その際に求められる可能性の高い費用が頭金です。

一体いくら必要なのか気になると思いますが、端的に言ってしまうとその金額は融資を受ける銀行・金融機関の基準、購入する物件の価格や融資を受ける方の職業・年収などケース毎に大きく変わってきます。

また、頭金0円のフルローンを組める場合もありますが、頭金を払うことでローンの返済額が減少するほか、金融機関の信用が上がり審査に通りやすくなるといったメリットがあります。

頭金の相場

目安程度にしかなりませんが、一般的に頭金の相場は購入物件価格の10~30%と言われています。仮に3,000万円の建売住宅を買ったケースでは、およそ300万円~900万円を用意しておけば安心ということになりますね。

融資の種類を知り、ローンを組もう

不動産売買では手持ちの資産だけでは扱えない高額な物件を購入することが多いため、ほぼ全ての方が金融機関で借り入れをすることになるでしょう。

アパートローン

マンションやアパートなどの集合住宅を投資目的で購入する際や、建築資金・リフォーム資金目的などに利用できるローンです。銀行や信用金庫、ノンバンクなど多くの金融機関で取り扱っています。

借入主の資産状況のほか、事業性・収益性・購入物件の担保力などを基に審査がおこなわれるため、融資金額・毎月の返済額ともに高額になる傾向があります。

似たような借入れ方法に「住宅ローン」がありますが、こちらは自分が住む家を購入する際に利用できるローンですので、基本的に投資用不動産購入では使えません。

プロパーローン

保証会社を通さずに金融機関が自社でリスクを負担し、独自のプランで資金を融資するローンです。あまり一般的ではないため、取り扱っている機関は少ないようです。

他のローンとは違い保証会社が関係してこないため、各金融機関それぞれの基準さえクリアできれば融資が認められる点が1番の特徴でしょう。

2種類のローンには審査期間に差があり、パッケージ型のアパートローンが通常約2~3週間であるのに対してオーダーメイド型のプロパーローンでは1ヶ月程度かかると言われています。

投資用不動産売買を始めるにあたって、頭金の確保とローンの選択はとても重要になります。ここで紹介した内容を参考にしつつ、後悔しないための準備ができると良いですね。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧