大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産を売買するメリット・デメリットは?始める前に押さえておこう

安定した生活を送る目的で、自己資産を流用して資本注入をすることで還元をもらう投資の重要性が増しています。投資には多くの種類がありますが、大阪エリアで特に注目されているのが投資用不動産売買です。投資用不動産売買は中長期的に安定した資産運用ができる一方デメリットもあるため、始める前には内容をしっかりと把握しておく必要があります。

大阪で増えている背景はインバウンド向けにしているから

大阪で投資用不動産売買が盛んになっている理由は、主にインバウンド向けに販売を開始したことが背景にあります。インバウンドとは、簡単に言えば外国から日本に移住し、そこで日本企業もしくは外国支社で働くことで日本に永住を決めた人のことです。

大阪という土地は、世界住みやすい都市ランキングでは毎年上位に食い込むほど外国人にとって居心地の良い街と言われています。その背景として、大阪は江戸時代以前から外国に対して堺港を開放することで海外貿易をしていた歴史から、外国人と触れ合う文化が根付いたので、現在に至るまで外国人に対する抵抗が小さい状態だったことが挙げられます。

商人の町ともいわれ、商機に対して敏感に感じ取る性質からも、インバウンド客の重要性を日本のどこよりも先駆けて見抜きます。 町のいたるところに外国語看板や案内場を設けるなど、日本語に不慣れな外国人でも安心して過ごせるよう工夫がされているのが特徴といえるでしょう。

大阪は、近隣に世界遺産の登録数が多い京都と奈良と隣接しており、外国人にとって日本の魅力を感じやすい場所といえます。また関西圏全域の経済の流れをよくするために関西国際空港だけでなく、電車や高速バスなどの交通インフラも充実しています。

このように、大阪全体が外国人及び外資系企業が進出しやすい環境が整っていることから、増える人口に合わせてたくさんの居住施設が建造されています。さらにインバウンドだけでなく、大阪の過ごしやすい環境は国内向けでも充分に効果を発揮することも、投資用不動産売買が盛んになっている理由でしょう。

投資用不動産売買のメリットは中長期保有が出来る点

投資用不動産売買が人気の理由は、ミドルリスクミドルリターンといわれることです。今一度、投資用不動産売買を簡単におさらいしましょう。

自己資産を使って、居住用ではなく顧客に譲り渡す目的で、アパートやマンションの権利を購入します。他の投資と違って取り扱う商品が住居なので、最盛期は新生活が始まる3月から4月ですが、転勤などを考えると1年を通して需要があるのです。

また住居は常に高いニーズがあるので値段が高く設定されています。常に需要があるため、簡単に値下がりするリスクが低く、中長期保有しても安心といえます。また、値下がりするリスクが少ないどころか、大阪を筆頭に外国人向けの住居需要が伸びていることから、少しずつではありますが値上がりしている傾向にあります。

投資の基本は、タイミングを計って購入し、現在の価値から上昇した段階で売りに出すことで利益を確定するものです。単に購入した不動産を顧客に売り渡すだけでなく、オリンピック特需や経済指標などで土地価格が上昇した段階で、権利を再び不動産屋に購入してもらうことでも利益を得やすいです。

不動産であれば売却以外にも、購入した物件を販売せずに、今後のことを考えて自分が住む場所にすることもできます。 投資用不動産売買を行うことで、私的年金としての運用や節税対策が可能になったり、死亡保険を含めた不動産を持つことによる担保としての活用できたりといったメリットはたくさんあるのです。

投資用不動産売買のデメリットは空室リスクがある点

投資用不動産売買はメリットが大きいと言いましたが、決してデメリットがないわけではありません。デメリットは、運用するのであれば必ず知っておかなければならない知識です。

投資用不動産売買をする上で、絶対に避けたいのが空室リスクです。空室リスクというのは、その名の通り購入したアパートやマンションの部屋が売れずに、そのままの状態であり続けることを意味します。至極当然ですが、投資用不動産売買は購入した権利が売れて初めて利益を得られるものです。

確かに中長期保有が出来るとはいえ、購入した物件が売れなければ全く意味がありません。投資用不動産売買においては、購入した後も少なからず利息や修繕費といった費用が掛かるため、もし空室が多いとなると、得られる費用よりも利息や修繕費が上回り、結局損をしてしまうことになるのです。

またミドルリスクミドルリターンとされてはいますが、決して急激な値段変化を起こさないというわけではないので、ここにも注意が必要でしょう。たとえば米中貿易戦争や、新型コロナウイルスのような世界的に流行するウイルスショックなどが起きると、安定需要が揺らいでしまい一気に値段が落ちることもありえます。

投資用不動産売買はメリットも大きいですが、あくまでも投資ということに変わりはないので、損をする可能性はゼロではありません。デメリットを理解し、社会動向だけでなく、しっかりと現在の価値を見極めた上での運用をすることが重要になります。

 

ファイナンシャルプランの重要性が認識される現在においては、投資はうまく活用することで安定した生活を送るのに役立つことがあります。その中で投資用不動産売買は、値段の大幅な値動きするリスクが少ないことから、初期費用が掛かる反面、手を付けやすい投資です。ただ損をするリスクがないわけではないので、始める前にはデメリットを把握し、問題が起きた時にすぐに行動できるようにするのが大事といえます。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧