大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

【オーナー必見】投資用不動産は委託管理にした方が絶対にいい理由とは?

不動産投資は物件を購入して終わりではなく、賃貸アパートやマンションの場合は入居者を含めた物件の管理や運営について誰が行うのかがポイントになります。適切な管理が行われないと入居者が集まらなかったり、収益目的を達成することができません。不動産売買を行う際、大阪では委託管理を行っているオーナーが多いです。

管理会社に委託する人は増えています

もし、オーナー自身で投資用不動産を管理する場合、委託料が発生しないので利回りは高くなりますが、入居者のトラブル等にも対応しなければならず、クレームに対して365日24時間対応することになるでしょう。オーナーが会社勤務といった別に本業があると、スピーディな対応が難しくなるものです。そして管理がきちんとできないと入居者に不満が溜まり、退去される可能性もあります。

そのため近年では、不動産売買を行う際に同時に管理委託を依頼するケースが多く、物件の管理業務の手間を削減することが可能です。大阪にある管理会社に委託すると、いろいろな業務に対応してくれるので便利です。

例えば区分マンションの場合、入居者の募集から契約の締結、家賃の入金管理や家賃滞納の督促などに対応してくれます。入居者のクレームにも対処してくれたり、退去時の立ち会いも業務の範囲内です。

一棟マンションを会社に委託する場合、これらの業務にプラスして建物や設備などの点検整備、トラブル対応や清掃、メンテナンスといったいろいろなサービスを代行してくれます。管理業務をどこまで依頼するかは選択することができるので便利です。

委託するといろいろなメリットがあります

委託管理にはいろいろなメリットがあり、例えば管理会社は豊富な経験やノウハウを持っており、適切な管理や運営をしてもらうことが可能です。入居者募集の場合、他の物件より客付してくれ、入居者が見つからない場合は入居促進策をいろいろ提案してくれます。

オーナーの煩雑な業務がなくなるのでゆとりを持つことができたり、本職があるならそちらを専念することが可能です。自分で管理しなくても良いので、遠くにある不動産売買を行うことができたり、複数の物件を持つことができます。管理会社に対して手数料を払うことになりますが、その分煩わしい業務を回避することができるでしょう。

またリフォームといった修繕工事も委託することができ、サービス内容は選択することができるので便利です。物件による収入が第一優先になっていて、物件の管理や運営にあまり関心がないのなら管理委託はおすすめです。

さらに節税対策として利用することもでき、家賃収入などの目的で自宅から離れた大阪の一棟マンションを購入し、今後場所に関係なく物件を増やしていきたいなら、手間や時間のかかる自主管理はやめて管理を委託するのが良いでしょう。

ちなみに手数料については管理業務すべてを委託した場合、賃料の5~6%ぐらいが相場と言われています。

お金でノウハウを購入することができます

初めて不動産投資を行う人の場合はいくつか注目しなければいけないポイントがありますが、プロに依頼すると安心して運用することができます。大阪の専門業者に依頼すると、これまでの経験や実績に基づいたいろいろなサービスを利用することが可能になります。つまりは、プロに不動産管理を委託することによって効率よく利益を得ることができるというわけです。

マンションなどを管理しているといろいろなトラブルが発生するものですが、委託するとトラブルにも対応してくれるので便利です。例えば家賃の滞納トラブルの場合、オーナーが自分で解決しようとしても難しいケースがあるでしょう。委託している会社が間に入ることによって、業務が楽になったり弁護士などと連携しているところが多いのでスムーズに交渉することができます。

 

不動産を自分で管理するのは難しいですが、委託会社に依頼すると便利です。管理会社に委託する人は多く、入居者の募集や現地案内、家賃の入金管理などに対応してくれます。いろいろなトラブルやクレームにも対応してくれるので、本業に集中することが可能です。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧