大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産を売買するなら資金回収期間についてしっかり計画を立てよう

不動産投資にはいくつかの種類がありますが、収益という面から見れば売却益を狙うキャピタルゲインと、不動産が生み出す利益を狙うインカムゲインにわけることができます。

不動産投資を行う場合には、これらキャピタルゲインとインカムゲインの両方のバランスを考えて行う必要があり、将来的な資金回収を考える上でも重要なものです。

不動産投資の種類と考えておくべきこと

不動産投資といってもさまざまな種類があり、その収益率も異なってきます。例えばアパートやマンションなどの賃貸経営では複数の部屋があれば、空室率のリスクを軽減することができ、一棟まるごと所有していれば、建物すべてを売却しやすく、再開発をするといった面でもスムーズに話を進めることができます。

しかし、複数の部屋を所有したり一棟まるごと所有するというのは多額の資金が必要となるため、資金回収にかける期間が長くなりがちです。また建物の場合には、建物を維持していくためにも多くの費用が掛かります。一方で駐車場の場合には、投資する費用が少なく資金回収にかかる期間も短くて済みますが、十分な利益を得ることは難しいといえます。

また土地や建物を貸し付けて運営するという方法もあり、利益は減りますが収益保障があれば安定した収入を得ることが出来ます。

余剰資金をもって不動産投資をすれば失敗したとしても資金を失うだけで済ませることができますが、ローンを組んで行うような場合には資金を失うだけでは済まず最悪の場合には借金を背負うことになるものです。これらを避けるためにも投じる不動産の価値を知り、また資金回収にかかる期間を想定しなければなりません。

それと余剰資金ではじめた不動産投資であっても、何らかの理由で現金化しなければならない時もありますから、得られた収入の扱い方が投資を成功させることには欠かせないことです。

不動産売買を狙うだけではリスクもある

基本的に不動産投資では、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を考えて行う必要があり、どちらかに偏ることは好ましいことではありません

不動産売買によって差益を得るキャピタルゲインでは、短期間での売却を目指すことになるため、さまざまな面でリスクがあるものです。特に不動産投資というのは、需要が極端になりがちで、新規にはじめた時にはその需要が良い状態でなければ成功する可能性は小さいものといえます。

またインカムゲインだけを重視しても、利益を得ることはできても将来的に必要な費用まで賄えるものではなく、一種の出口戦略を立てて置かなければなりません。ただインカムゲインの場合には不動産売買だけを狙って、行う方法よりはリスクは小さいものです。

いずれにしても不動産売買では金融投資とは異なり、売りに出したとしても買い手が見つかるとは限りません。理由としては大きな買い物であるためで、少なくとも数百万円は必要ですし、利益を得たいと考えるのであれば数千万円単位での投資となるためです。そのような金額を出せる人は、それほどいませんから不動産売買で利益を得ようと考えるのは、不動産事業を行っている会社でもなければ、あまり現実的なことではないといえます。

しかし、インカムゲインとキャピタルゲインのバランスを考え計画立てて資金回収の期間を設けて行うことで、そのリスクを減らすことができるのです。

関西で適した不動産売買が出来る地域は大阪

不動産投資を行うのであれば、第一には不動産売買が盛んな地域であることが必要不可欠です。さらに不動産売買を行っている不動産会社の存在も欠かせません。不動産投資は投資といっても事業性のあるものですし、簡単に売却して現金化できるものでもないため、できるだけ取引量が多い地域を選ぶ必要があります。

このような点で関西地方または近畿地方で向いているのが大阪です。 大阪は日本で2番目の経済規模があり、大阪市は日本で3番目に多くの人口を擁しています。大阪以外にも大都市としては神戸や京都といった都市がありますが、いずれの場合にもその地域の特殊性から不動産投資をする場所としては不向きです。

不動産投資の市場として見た場合には大阪がもっとも開放されているといえ、また多くの不動産投資をサポートする会社も存在しています。多くの会社があることで競争原理が働いていますから、それだけ利用者にとっては有利な情報を得やすいものです。

ただし、不動産会社のすべてが善良であるとは限りません。これは他の地域でも同様で、不動産投資を行いたいと考えているのであれば、しっかりと投資の目的を理解しておき資金回収にかかる期間を定めることが必要です。

特に不動産投資では、資金回収できただけを目標にするのではなく、回収した資金をもとにして新たな投資を続けることで大きな資産を築くことができます。

 

不動産投資は現物資産であるため、まったく価値がゼロになることはありません。しかし、ローンを組んで投資をしている場合には結果として負債となる可能性がありますし、需要のない地域では買い手が付かなくて不良資産となるリスクもあります。それらを含めて、需要の高い地域で行い資金回収の計画を立てることが失敗しないためには不可欠です。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧