大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産の売買は資産価値で選べ!下がらないポイントとは?


投資用不動産売買を大阪エリアで検討する方が増えています。物件を購入する場合には、将来にわたって資産価値が下落しないことが大切になります。大阪エリアで物件の購入を考える方は、事前にポイントを抑えておくことが重要です。ここでは、大阪で投資用不動産売買を考える方に向け、資産価値が下落しない物件選びのポイントを紹介していきます。

立地の良い投資物件を選んでいく

投資用不動産売買を行う際の価値が下落しない物件を探すポイントに、立地の良い物件を探すことがあります。大阪の都心部に近いエリアであれば、歳月が経過していっても、物件の資産価値は落ちてはいかないものです。主要路線の駅から近く、徒歩で通える範囲であれば、月日が経っても入居を希望する方は後を絶たないのです。交通アクセスの良さと同様に、物件がエリアの賃貸需要に適しているかも重要な判断基準となります。

学生や単身者が多いエリアの場合には、ワンルームタイプの物件が良いでしょう。ファミリー層が多いエリアでは、3LDKのタイプなど、その地域に適した物件であることも大切な要素になります。将来にわたって開発計画が続く地域であれば、資産価値が減少することもないでしょう。

都市計画が組まれているかも念頭に置き、物件の選定を行っていくことが大切です。大阪地区の住みたい街ランキングなどに頻繁に登場する街であれば、長きにわたって資産価値が落ちることはないものです。立地の良さと同時に、周囲に資産価値を下落するリスクがないかを調べておくことも必要です。

繁華街が近いエリアでは、急に商業施設が近隣にできることもあります。物件を購入した当初は、閑静な住宅街だったものが、騒音や人通りの激しい地域に変わってしまうケースもあるのです。周辺環境も考慮に入れて、長きにわたって資産価値の下落がないかを判断していきましょう。

豪華な設備の物件は資産価値が下落しにくい

投資用不動産売買を行う際に、豪華な設備の物件は資産価値が下落しにくいことを意識しておくことは大切です。豪華なエントランスであったり、内装設備が優雅であったりなど、設備が充実している物件には、なかなか資産価値の下落は起きません。シャンデリアが華やかであったり、有名なデザイナーが設計したりといったマンションの場合には、購入価格も高くなっていくものですが、長期的視野に立って考えれば、価値が下がることもなく売却益を得やすい部分があるのです。

防犯設備についても同様に、マンション全体がセキュリティを高めている物件であることは、長きにわたって高い資産価値を維持できる要因にもなります。オートロックや防犯カメラなどセキュリティを高める装備は、マンションを建てる段階で計画していきます。建物全体がセキュリティを高めることを目的としたインテリジェントマンションであることは、それ自体に価値があるのです。設備が豪華であるのに、資産価値が下がっていく要因には、近隣に似通ったマンションができることです。

最新鋭の設備を誇るインテリジェントマンションであっても、類似の機能を持つマンションが近くに絶ってしまうと、競争が始まってしまい、資産価値が安定しなくなっていきます。都市計画を調べるなど、将来にわたって競合になるインテリジェントマンションが建たないことを確認しておくことも大切です。豪華な住居設備があるからと安心するのではなく、周辺環境に気を配ることも必要なのです。

経済的要因を加味した検討も必要

投資用不動産売買の価値を計る要因に、経済的な部分の検討があります。景気動向や金利など、不動産の価格を形成する要因を分析することにより、将来にわたって安定した価値を得られる物件であるかが分かるのです。金利が低い状況では、物件購入も多くなり、マンションなどの不動産物件の価格も下落しないようになります。

経済的な要因については、専門的な知識を保有していない方は、理解しにくい部分もあるでしょう。不動産投資会社のなかには、社内に税理士やファイナンシャルプランナー、不動産鑑定士が在籍している場合もあります。長きにわたって営業している不動産投資会社であれば、過去の事例を元にした将来価値の算出も、ある程度信頼できます。

大規模な再開発などが予定されている地域であれば、金利などの金融的事情に左右されなくても、物件自体が高い価値を持ちます。自分がいつ頃売却する予定であるかを考え、将来時点での資産価値の算出を依頼してみましょう。殆どの不動産投資会社では、無料で受けられるセミナーが開催されています。

インターネットなど、一般に公開されていない情報であっても、セミナーに参加することにより、得ることが可能になっていきます。不動産投資会社によっては、将来値上がりが期待できるであろう希少な未公開物件を紹介してくれるケースもあります。自分で判断することが難しい専門分野は、専門家の助言を仰ぐのが良いでしょう。

 

投資用不動産売買を行う際には、将来にわたって資産価値が下落しないことも大切な物件選びの基準になります。立地が良かったり、設備が豪華だったりする場合は、価値が下がりにくいものです。経済的な要因により、将来価値がどうなるかを知る場合には、不動産投資会社に相談するのが良いでしょう。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧