大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

【初心者必見】投資用不動産を売買するなら!目的をはっきり定めるべき理由とは?

不動産売買は株式投資やFXなどと比較するとリスクが小さく、預金や国債などと比べると利益が大きいです。ですが、不動産投資においてリスクのやや高い投資や、安定したリターンが得ることができるものなどいろいろな種類が存在します。初心者の人は目的をはっきり定めてから不動産投資を行うのが良く、いろいろな投資戦略を選択することが可能です。

土地をリサーチし投資を検討していきます

大阪では不動産売買を利用して、できるだけ高いリターンを狙う人がいます。家賃収入はもちろん、将来的な売却益も考えながら高いリターンを狙う場合、これから値上がりしそうなエリアの土地を調査しながら購入する必要があります。

投資用不動産の値段を決める計算について、収益還元法という方法が代表的です。不動産が将来的に生み出すと思われる収益から不動産に関する適正価格を計算する方法で、不動産から得ることができる家賃収入が多ければ多いほど、算出価格が高くなる傾向があります。

そのため不動産売買において高いリターンを得たい人は、商業施設や交通といった都市開発を予定している都市において、今後居住地として人気が高くなるようなエリアや家賃が高くなりそうな土地をリサーチし、投資を検討するのが良いでしょう。投資リスクとして都市開発が予定通り行われないケースがあったり、都市開発が行われたとしても想定していたような人気が高まらないこともあるので注意が必要です。

余裕資金を効率良く運用したい場合、おすすめの投資は中古マンションやアパートなど、余裕資金の範囲において購入することができる低価格の物件が良いです。融資の頭金を多くすると融資金利を下げ、毎月の収支を改善できる投資になります。

初心者におすすめの物件で、元本割れしないケースを優先するなら、賃貸需要を期待することができ不動産価格が下がりにくい大阪の主要駅から徒歩10分圏内を中心にしながら検討すると安心です。

物件の品質が高く耐久性も高いことが必要です

不動産売買を行っている人の中には、働いている間に不労所得を作りたいという目的の人が多くいます。例えば会社員の場合、将来的に投資からの収入比率を高くしたいという人なら、複数の物件を購入する必要があります。物件を買い進めるにおいて、金融機関から評価が高い物件を選択することがポイントです。

融資評価が高い物件にはいくつか特徴があり、投資戦略を練ることが重要になります。例えば物件の品質が高く耐久性が高いことが必要です。築年数が経っていても劣化しにくいものが良く、安定して高い入居率を期待することができるものになります。融資紹介実績が豊富で、入居率実績のある不動産会社の物件もお得です。

金融機関として確実に返済してもらいたいので、高い入居率を期待することができる物件が良く、築年数が経っていても品質が落ちにくいと高く評価される傾向があります。重要なのがどの会社が企画したり開発した物件かということで、金融機関からすると付き合ったことがないような会社の物件より、融資紹介実績や企画開発実績が豊富な企業の方が収益の見込みを期待することができるので、融資紹介実績や開発実績などが豊富な企業を選択すると2件目からの融資が楽になるでしょう。

不動産売買において不労所得を作っていくなら、一棟目の選択が重要になります。物件の品質や入居率、会社の融資紹介実績などをチェックしておくことが必要です。

老後の生活を考えて投資しましょう

大阪にはリスクを抑えて、老後の年金生活に備えたいという人が多いです。老後の生活を見据えて不動産投資に取り組みたい場合、賃貸需要が安定するアクセスの良い土地がおすすめで、築年数が経っていたとしても入居率を維持することができる品質や、耐久性の高い物件などに投資をすると良いでしょう。

例えば大阪の主要なターミナル駅から電車を利用して30分圏内や、駅から徒歩10分圏内にあるような好立地において、高品質なアパートを購入しておくと築年数が10年以上でも高い入居率を維持できます。耐久性について約50年~60年ぐらいの長期耐久性能を備えているなら、老後まで劣化しにくい特徴があるので人気のある物件です。

不動産売買においてマンションが良いのか、アパートが良いのか悩む人もいるでしょう。将来的に自宅として使用する可能性があったり、子供に相続する可能性があるなら、土地や物件などの裁量があるアパートの方がおすすめです。

例えばマンション投資の場合、投資効率の面から見て単身者向けワンルームが選択されることが多いので、老後の自宅には使いにくいかもしれません。アパートの場合、物件が木造だと取り壊ししやすかったり、土地に自宅を立て直すことが可能です。土地だけ相続することもでき、臨機応変に利用することができます。

老後の生活を考えて投資する場合、長期にわたって家賃収入が安定的に得られるかが重要です。老後になったら不動産をどう活用したいかいろいろな視点から検討することをおすすめします。

 

不動産売買を始めて行うなら、その目的を明確にすることが大事です。土地をリサーチし投資を検討してみたりして、物件の品質が高く耐久性も高い物件を選択することをおすすめします。老後の生活を考えて投資する人も多く、安定して高い入居率を期待出来る物件に投資しましょう。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧