大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

家賃収入は副業になる!?家賃収入で気を付ける注意点

副業として資産運用で不動産売買を検討している人は少なくありません。たしかに不動産投資は株式投資やFX等と比較すると、運用益がメインとなるので入居者がいれば継続的に安定した家賃収入を得る事が出来ます。

しかし家賃収入で気を付けなければならない注意点がいくつかあるので、詳しく見ていきましょう。

入居者がいないと収入が全くない

家賃収入は確かに魅力的ですが、入居者がいないと収入がゼロになってしまいます。まだマンション1棟持っているのであれば、空き室が多少あっても問題ありませんが、区分所有していたり一軒家等1つの物件しか持っていない場合は、空室になった瞬間に収入がなくなるので注意が必要です。

一般的に不動産投資を始める場合、ある程度の資金が必要なので、多くの人が銀行等の金融機関から融資を受けて始めます。 しかもその返済は家賃収入から支払う事が多いので、その収入がなくなってしまうと自分の給与や貯金を切り崩して返済しなければなりません。

すぐに空室が埋まれば良いですが、それが長期間になると借りたお金の返済すらままならなくなってしまいます。ではそうならない為にどうすれば良いかというと、空室リスクを出来るだけなくすようにするという事が重要です。

例えば入居需要が多い立地の物件を購入する等の方法が有効です。東京や大阪といった大都市では、都心に近ければ近いほど需要があります。 そこから離れるにしたがって人気もなくなっていくので、自分の予算と都合をつけながらちょうど良い物件を選ぶと良いです。

駅から近い物件も常に人気が高いので、こういう物件を優先的に選びましょう。また築年数もあまり古すぎない物件の方が好まれる傾向にあるので、なるべく新しい物件を選ぶ事で、空室になるリスクを下げる事が出来ます。

自然災害等で建物が損壊し資産価値が下がる恐れがある

株式投資では、自分が保有している株の企業が経営破綻したり、上場廃止になる事で資産がほぼゼロになってしまうというリスクが低いにしても可能性はあります。それと同じように不動産投資にもリスクがあります。

例えば地震や大雨、火災等の自然災害です。不動産投資では売り主と借主、そして物件全てが揃って初めて家賃収入を得る事が出来ます。しかし自然災害で建物が損壊したりすると、当然そこに住めなくなってしまい家賃収入が得られなくなってしまいます。
さらに物件自体も傷ついてしまう為、資産価値自体も下がる可能性も高いです。しかも、こうした自然災害はいつ起こるか分かりません。その為、常にリスクにさらされているという事を知っておく必要があります。

では、こうした自然災害のリスクを下げるにはどうすれば良いかというと、保険に入っておくことです。 火災保険や地震保険等様々なものがあるので、自分に合ったものを選んで入っておくと安心です。こうした保険に入っておけば、万が一自然災害で建物に被害が生じても保険金が下りるので、それを修繕費として充てる事が出来ます。

建物が火事で全焼してしまったり、台風で倒壊してしまった場合は、新しく建て直すまで家賃収入を得る事が出来ませんが、それでも保険が下り、金銭的な負担リスクを下げる事は出来るので、やはり保険に入っておく事は大切です。

金利が上昇し返済額が膨らむ恐れがある

金利の上昇に気を付けるというのも、注意点の1つです。不動産投資をして家賃収入を得る為には、まずは物件を購入する必要があります。 その為にはまとまった資金が必要で、貯蓄が沢山ある人は問題ありませんが、ない人は金融機関から融資を受けるという事が多いです。

しかし、その場合金利が上がると、その分返済額も大きくなるので注意しなければなりません。金利は例えほんの少し上がっただけでも、借りた金額が大きい分、負担も大きくなります。わずか0.5パーセント上昇しただけでも、軽く数百万円返済額が増えてしまいます。

では、どうしたらこの金利上昇リスクから逃れられるかというと、固定金利と変動金利を上手に使い分けることです。 金利が将来下がる事を期待して、変動金利を選択している人も少なくありませんが、金利はその時々の社会情勢の影響を大きく受ける為、リスクが伴います。

たしかに現在が高金利の状況なら、将来的に下がる事を予想して変動型を選んでも良いですが、現実的に低金利が続いている現代だと、将来的にこれ以上下がるというよりはむしろ上がる可能性の方が高い為、無難に固定金利を選択するという方法も悪くありません。

もちろん金利は変動するものなので、どちらが良いという訳ではありませんが、今の状況をはっきりと見極めながら固定か変動かというのをうまく使い分けていくという事が、リスクを減らす最大限の方法です。

 

副業で不動産売買等の投資を行い、家賃収入を得るというのは確かに大阪のような都会では魅力的です。 しかし、入居者の有無や自然災害による資産価値の減少、さらには金利上昇による返済額の増大等気を付けなければいけない注意点もいろいろあります。

その為、特に東京や大阪等の大都市で不動産売買を考えている人は、これらのリスクをきちんと見極めた上で、投資を行うようにしましょう。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧




サイト内検索
記事一覧