大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

【オーナーの苦悩】入居者との間でよくあるトラブル事例と対処法とは?

大阪において不動産売買を検討している人がいますが、例えば賃貸経営でよくある問題の一つとして入居者トラブルがあげられます。

些細なことでも入居者にとっては困難に感じることがあり、そのまま放置しておくと退去問題などに発展するかもしれません。賃貸経営において遭遇するクレームなどを知って、今後の参考にすることができます。

清算に関する問題が多く発生します

入居者とのトラブルを解決させるため、問題の流れを把握することが大切です。どのようなタイミングでどのようなクレームがあるのかを知っておき、今後発生するであろう事態を想定したり柔軟に対応するための心の準備が必要になります。

代表的な事例として、退去した時に修繕費用に関する支払いを拒否したり、大きなクレームになることが多い騒音などがあげられます。いろいろな理由を使って支払われない家賃の滞納などもあるので、大阪において不動産売買を行うなら心の準備が必要です。

退去した時に修繕費用を拒否するような清算トラブルが多いです。クロスのようにどうしても劣化するような消耗品について、入居者に対して修繕費用の支払いは求められません。蹴ったことによって壁に穴をあけたり、バスルームに張り跡などが残ってしまったなど、利用者が故意に破損させた箇所については支払いを求めることができます。

契約時に預かった敷金によって、修繕費用を賄うことができますが、多くの場合は敷金では足りず貸主が負担するケースもあるでしょう。貸主が負担する費用を借主に請求する問題もあり、クロスのような劣化する部分について、利用者に請求するのは適切ではありません

マンションなどの管理を委託する場合が多いですが、本来だと負担しなくても良い修繕費を家主から請求しないよう、委託管理会社と相談しながら請求額を決めていくことをおすすめします。

さまざまな理由で支払いを拒否するケースがあります

騒音は解決が難しい問題で、騒音を出した人だけに非がある訳ではなかったり、建物の構造において解決することもあるでしょう。厄介なのは話し声が気になったり、足音がうるさいなどの、生活する事において発生してしまう音になります。解決策として最も良いのは音を止めてもらうことになりますが、音がどれぐらいうるさいのか確認するために録音することをおすすめします。

いろいろな理由を使って支払われない家賃滞納もあり、家賃を滞納する利用者はさまざまな理由で支払いを拒否するケースが多いです。家賃滞納は債務不履行になり、オーナーから賃貸借契約を解除することができるケースがあります。家賃滞納があったとしてもすぐ追い出すことができず、契約を解除する場合手順が法律で規定されているので注意が必要です。

当事者の一方が債務を履行しない場合、相手が相当の期間を決めて履行の催告をし、期間内において履行がない場合相手は契約の解除を行うことができます。利用者が債務不履行になった場合、支払えない理由などを確認してみて、一定期間を決めてから支払ってもらうよう催告しましょう。

請求しても督促を無視され支払おうとしないなら、退去を求めることができます。債務不履行時の特約を規定していない場合、年5%損害賠償金を得ることが可能です。大阪において不動産売買を検討しているなら、入居者とのトラブルを想定しながら準備することをおすすめします。

トラブルを未然に防ぐことが大切です

入居者トラブルはオーナーとは無関係なところにおいて発生するケースがあり、発生を予防することができるクレームがあります。自主管理ではトラブルに対して対応をとることが困難だったり、すべての案件がオーナーに向けられ理不尽な対応などをとられてしまうと疲弊してしまうこともあるでしょう。

何かしらの問題に巻き込まれないため、不動産売買を行った業者など専門家の力を借りたり、外部と連携しながら賃貸管理を行うことをおすすめします。退出者を出さないよう管理体制を強化したり、トラブルを未然に予防することが大切です。

例えば管理会社や保証会社などに委託すると便利で、管理会社はオーナーと入居者の間に入って仲介してくれるので、クレーム対応を依頼することができます。緊急時において管理会社が対応することになり、必要に応じて必要備品などの発注を行うことが可能です。

保証会社は家賃を立て替えたり、滞納があると督促してくれます。契約する時に保証人をつけず、保証会社に加入してもらうと安定した収入を期待することが可能です。大阪にはオーナーに代わっていろいろなトラブルを対応してくれる業者があるので、不動産売買する際に確認しておくと良いでしょう。

安定した投資を継続するため、費用を負担しても何かとメリットが多いです。入居者だけでなく近隣とのトラブルの恐れがあるので、植栽や雑草などの放置には注意が必要です。自己投資物件はそのまま放置せず、定期的にチェックすることをおすすめします。

 

入居者トラブルをどう解決するのかが重要で、どのような問題が起こりやすいか、事前に知識を入れておくことをおすすめします。修繕や騒音、家賃滞納などが代表的な問題で、管理会社や保証会社を活用しながら、未然に問題を予防することが大切です。
定期的に投資物件の様子を確認することで、安定した収益を得ることができます。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧