大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

成功者が実行した投資用不動産売買におけるリスクヘッジとは?

投資用不動産売買は、安定した家賃収入が得られることから老後の年金代わりになると、資産運用の一つとして注目されています。多くのメリットがあるものの、銀行預金のような元本保証はついていません。そのため不動産投資をスタートしたものの、不動産を売却するケースもあるでしょう。リスクヘッジをきちんと考えるのが成功への鍵になります。

成功するにはリスク分析が大事です

投資用不動産売買は多くの人がおこなっており、資産運用として安定して収入を得ることが可能です。大阪での家賃収入によって得た利益は、生活費を補うために利用することも、年金のように資産運用していくこともできます。このように、安定した利益が期待できる投資用不動産売買ですが、ある程度のリスクを伴うので、あらかじめリスクヘッジを考慮しておくことが求められます。

不動産投資において起こりうるリスクはいくつかあり、具体的には空室リスクや修繕リスク、金利上昇リスクや家賃滞納リスク、地震リスクや火災リスク、流動性リスクや不動産管理会社の倒産リスクなどが考えられます。

また、不動産投資は継続的に安定した収入が得られるとされていますが、家賃収入は利用者がいて初めて発生するものです。当然ですが空室があると家賃収入が得られなくなくなってしまうので、特に懸念する方が多いリスクではないでしょうか。

たとえばワンルームマンションの1室を所有しながら運用する場合、入居者がいなければもちろん収入はありません。不動産投資をスタートするにおいて銀行から受けた融資など、支払いは毎月発生します。家賃収入がなければ給料や貯金などから支払うことになるので、空室へのリスクヘッジは大切です。

大阪の都市部に行けば空室になる確率は低くなりますが、それでも修繕で資産価値を上げるなど、継続的な運営努力は求められるでしょう。

空室リスクや修繕リスクに備えましょう

空室について、いくつかリスクヘッジの方法を考えてみましょう。空室リスクは、賃貸需要が期待できる物件を選んだり、サブリース契約を締結することで抑えることが可能です。たとえば大阪の主要な駅やスーパー、病院などが近い物件は、良い立地条件を満たしているので人気があります。修繕が行き届いていて間取りがニーズに合っていれば入居率がアップしますし、資産価値の下落もそれほどありません。

賃貸は退去から次の入居者が決まるまで時間がかかることも多いのですが、そこで便利なのがサブリース契約です。サブリース契約は不動産管理会社が投資用不動産物件を転貸する方法で、満室や空室保証などと呼ばれています。一般的な家賃収入と比較すると80~90%ぐらい減少しますが、空室になっても大阪の不動産管理会社からお金が振り込まれるので、大幅にリスクを抑えることができます。

修繕リスクとは、築年数の経過によって建物の劣化や設備の故障で修繕費がかかることです。配管交換や外壁・屋根塗装、給湯器の取替など、年月が経てば修繕が必要になってきます。中古物件を選ぶ場合は、新築よりも修繕リスクが高くなります。

劣化に対するリスクヘッジとして、築年数の浅い物件を購入することや、修繕費を積み立てておくことをおすすめします。中古物件でもなるべく築年数が浅く、修繕が行き届いている物件を選ぶとよいでしょう。さらに修繕費を積み立てておけば、もしもの時にも安心です。

金利上昇や家賃滞納にも注意が必要

不動産投資における金利上昇リスクとは、金融機関からの融資金利が上昇することです。金融機関から融資を受ける際に変動金利を選んだ場合、金利が下がると返済総額が減りますが、逆に金利が上昇すると返済総額が増えるので、大きなリスクになります。

融資額は不動産投資の利益に大きく影響するので、重要な項目といえるでしょう。0.5%程度の金利上昇でも、返済総額にすると100万円以上の差があらわれることもあります。

金利上昇のリスクを抑えるためには、固定金利で融資の契約をするか、借り換えを検討するとよいでしょう。変動金利は、金利が下がった場合は返済総額が減少しますが、金利が上がった場合は返済総額が増加する仕組みです。そのためローン契約の場合、変動金利ではなく返済完了するまで金利が変わらない固定金利で融資契約すると、金利上昇に関するリスクを抑えられます。

しかし固定金利で融資契約した場合、金利が下がったときには損をすることになります。そのため、金利が下がったら借り換えを検討するなど、いくつかのパターンを想定しながらリスクヘッジを考慮することが大切になります。

家賃滞納については、信頼できる業者を選ぶか、サブリース契約を検討してみてもよいでしょう。家賃滞納に強く委託管理費が安い管理会社は、不動産投資の初心者におすすめです。信頼できる管理会社を見つけましょう。

 

大阪で投資用不動産売買を行う人は多く、資産運用の手段として魅力的です。安定した家賃収入を期待できる一方で、空室や修繕・金利上昇など様々なリスクもあります。リスクヘッジを考えておけば安心して不動産投資を行うことができますので、投資を始める前にどのような方法があるのか確認しておくことをおすすめします。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧