大阪で不動産投資を行っているオーナー必見!収益物件の売買におすすめの投資用不動産会社を紹介しています。

投資用不動産を売買すると確定申告は必要!?流れやポイントを解説

不動産売買や不動産投資を行っている場合、手間をかけると節税することができます。確定申告を利用するとコストを抑えることができ、青色申告と白色申告のうち青色申告にはいろいろなメリットが多いです。自分がどのような優遇制度を受けられるか確認してみることをおすすめします。

基本的に所得がある場合は申告しなければいけません

不動産売買など、基本的に所得があると納税しなければいけません。会社員などの給与所得の場合、企業で手続きし年末調整するので、確定申告は不要です。一般的に何かしらの所得がある場合確定申告を行い、納税するという流れになります。

必要経費やその結果の所得などについて、税務署に申告することが納税の原則です。不動産売買などによる不動産所得は投資を主体にして生計を立てていたり、副業で投資を行う場合も確定申告を行わなければいけません。

納税をすることは国民の義務で、申告には2種類の方法があります。青色申告と白色申告があり、白色申告は一般的な形式のことで特に白色申告制度があるわけではありません。青色申告と区分するため表現として使用されていて、青色申告ではない一般的な申告を白色申告と呼んでいます。

青色申告の場合、毎日の取引状況を細かく記帳したり、記帳に基づいて申告することを引き換えにして所得金額の計算において税制上の優遇を利用することが可能です。この優遇措置は誰でも受けられるものではなく、青色申告のためにいくつか必要な条件があります。

例えば不動産所得や事業所得、山林所得などがあったり、決められた期日まで青色申告承認申請書を所轄税務署長に対して提出することがあげられます。不動産所得があると条件を満たすことができ、誰でも青色申告制度を使用することが可能です。

不動産所得などを対象に優遇措置が用意されています

青色申告にはいろいろなメリットがあり、不動産所得などを対象にして優遇措置が用意されています。青色申告特別控除や青色事業専従者給与を利用することが可能です。

青色申告特別控除の場合、不動産投資の規模により控除額が変わりますが、最高65万円を計算する際に控除できます。所得税は所得から計算されるので、所得が最大65万円控除されると税額が小さくなります。

満額65万円控除を受けるには条件があり、不動産運営が事業的規模で不動産経営に関係する取引を発生主義に基づいた正規の簿記で記帳しなければいけません。貸借対照表を損益計算書と一緒に提出するのが条件です。

確定申告の必要書類として、正規の簿記という表現を行います。簿記は日々の経営活動を記録したり計算、整理し企業の経営成績や営業内容などを明確にすることです。確定申告においてこれらに基づき課税額を決定する流れです。

正規の簿記という表現は企業会計原則と呼ばれている会計基準においてあげられた原則のことで、企業会計はすべての取引で正規の簿記の原則に従い正確な会計帳簿を作成するという原則に基づいています。

一般的に複式簿記が知られていて、青色申告において複式簿記が採用されていて、他にも正規の簿記として認められるものもあります。簡易帳簿などでは不足する債権や債務などについて、情報を補う債権債務等記入帳などを備え付けることも正規の簿記と言えるでしょう。

大阪ではいろいろなエリアで確定申告を行うことができるので、きちんと申告することをおすすめします。

e-Taxを利用すると便利です

青色申告の流れについて、青色申告の承認申請書を税務署に提出することになります。個人の場合は青色申告する年の3月15日まで申請しなければいけません。法人の場合、それぞれ事業年度があり、申告書を提出する事業年度開始日前日までが承認申請書の提出期限になります。

設立初年度の法人は初年度から申告ができない恐れがあり、設立初年度の法人の場合は設立日から3カ月以内に提出する仕組みです。不動産売買などにまつわる取引を発生主義に基づいた正規の簿記で記帳し、正規の簿記は複式簿記などがありますが、帳簿を用意すると簡易帳簿でも大丈夫です。申告において貸借対照表や損益計算書などを確定申告書に添付し提出する流れになります。

確定申告の記入方法として、青色申告する場合は青色申告決算書や確定申告書Bを提出しましょう。国税庁のホームページを利用して青色申告決算書を作成することが可能です。確定申告書を作成し、この流れで行うと確定申告書において必要な情報を転記することができます。基本的に青色申告決算書に記入する項目は国税庁システムによって入力するのと同じで、誰でも気軽に操作することが可能です。

簡単に行うにはe-Taxを利用すると便利で、e-Taxは国税庁のホームページから作成することができます。国税電子申告・納税システムが正式名称で、申告書類を簡単に作成することができるでしょう。電子帳簿保存やe-Taxを利用すると、税務署に出向く必要がないので便利です。

 

不動産売買を行う場合、確定申告を行う必要があります。青色申告制度を知っておくと便利で、節税になったり控除を受けることが可能です。

大阪において不動産投資を行っている人は多く、毎年きちんと申告を行っています。自分がどの優遇制度を利用することができるか確認することをおすすめします。

【大阪】投資用不動産売買会社のおすすめ企業一覧

サイト内検索
記事一覧